トレンドアフィリエイトの未来予測記事の具体的な書き方とは?

トレンドアフィリエイトでアクセスを集めるのに効果的な記事のひとつとして「未来予測記事」があります。

名前だけ聞くと「未来予測って予言者にならないと書けないじゃん」と思うかもしれませんが、ぜんぜんそんなことはありませんのでご安心ください。

今回は、未来予測記事の具体的な書き方についてお伝えしたいと思います。

未来予測記事が書けると、時間がなくても閃き一つでアクセスを集めることができるので、この機会に書き方を習得しておきましょう。

 

未来予測記事は未来のイベントなどを記事にする

1年の内で必ず来るイベントってたくさんありますよね。

例えば、1月はお正月、2月ならバレンタイン、3月はひな祭りや卒業、4月は入学式や入社式、5月ならゴールデンウィーク、6月は梅雨、7~8月は夏休み、10月はハロウィン、12月は冬休みなどです。

これだけでなく、大きいイベントとしてニコニコ超会議や東京ゲームショー、モーターショーなどもあり、これらのイベントは運営のホームページや開催場所のホームページなどで開催日などが公開されているのでそういった先のイベントについて記事にすることでイベントが近くなると興味のある人がアクセスをしにくるのでアクセスを集めることができるのです。

イベントだけでなく、ゲームの発売日やテレビ番組、バンドやアイドル関連のイベントなども未来予測記事として公開しておけば、アクセスを稼げますよ。

 

未来予測記事は隙間時間で作れる記事

未来予測記事を書くとなると、イベントの開催日や何が流行りそうとか、誰が来る、どんなイベントか?など自分の頭の中にはない情報で構成しなければならないため、リサーチができているかどうかで記事の質が決まります。

会社勤めの人にとって、トレンドアフィリエイトで稼ぐとなるとどうしても速報系の記事は難しいですが、朝の通勤時間に情報を集めて、昼休みや帰宅後に記事にまとめるなどをすれば、未来予測記事は簡単に作れるので会社勤めの人には未来予測記事はぜひおすすめしたい手法です。

 

未来予測記事の具体的な記事の書き方について

例えばですが、ゲームの発売日前にとあるゲームの記事を書くとしたら

興味の惹くタイトル

過去発売されたそのゲームのシリーズの紹介

予測される発売日(2019年春など)

ゲームの内容

といった形ですね。

 

まとめ

トレンドアフィリエイトでお金を稼ぐにはどうしても記事の量が必要になってきます。

量を稼げないとなるとどうしてもアクセスが爆発しそうな内容で勝負するしかありませんが、未来予測記事はその爆発しそうな内容を含んでいるので時間が取れない人に特におすすめですよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA