ロングテールSEOってなに?アフィリエイトで稼ぐなら長期的視点に立とう

SEOの手法のひとつにロングテールSEOというものがあります。

これからアフィリエイトを始める方にとっては、実はロングテールSEOに取り組むことが一番稼ぐまでの近道であり、検索上位に食い込める可能性のある手法です。

今回はこの「ロングテールSEO」について解説したいと思います。

 

ロングテールSEOとは何か?

ロングテールSEOとは、よく言われる「ビッグキーワード」に関連する様々なキーワードをテーマにして記事を書いたりしてより幅広いアクセスを獲得することを目的とした手法です。

例えば、「中古車買取」のサイトを作ろうとした際に中古車買取関連のワード「中古車買取 査定」や「プリウス 中古 査定」などでも記事を書くことでサイトの幅を広げることができます。

この「中古車買取 査定」や「プリウス 中古 査定」をロングテールキーワードといい、より検索数の少ないワードなどなどを拾うことがロングテールSEOでの勝敗を分けるといっても過言ではないでしょう。

 

ロングテールSEOを狙うメリットについて

ロングテールSEOの最大のメリットはビッグキーワードよりもターゲットを絞った読者を集めることが可能です。
※「プリウス 中古 査定」だと今プリウスを持っていて中古での査定額を知りたがっている人などを集めることができるので広告のCVRを上げるための特化した記事を作りやすくなります。

アフィリエイトを始めたばかりの人は検索数が多い、ビッグキーワードを狙いに行く傾向にありますが、現状、ビッグキーワードで上位表示しているサイトは

・ドメインパワー
・バックリンク
・記事の質

などのレベルが違うため、ほぼ勝てません。

そもそも検索順位すらつかない事の方が多いため、モチベーションも下がり、アフィリエイトを辞めていく人も多いです。

そうならないためにもロングテールキーワードを拾いつつ、サイトパワーを強くしていきましょう。

ロングテールキーワードを拾い続ければ上位表示も夢じゃない!?

ロングテールキーワードやサイトに関連したスモールワードを拾うことで将来的にサイトの価値が上がり、上位表示につながるかもしれません。

記事の幅が広がることでより多くの人に訪問してもらえるようになり、ナチュラルリンクも獲得できるかもしれません。

 

まとめ

今回はロングテールSEOについてまとめました。これだけを見ているとロングテールSEOは良いことばかりと思われるかもしれませんが、どうしても「時間がかかる」手法です。

どれだけ早くても3ヶ月~半年、参入するジャンルによっては1年以上の時間がかかる可能性があります。

やはりアフィリエイトは継続できる人でないと成功は厳しい事業ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA